元世田谷区議会議長 (第48代 / 区議7期28年) 鈴木昌二 > 政策

イメージイラスト 「みんな一緒に」

イメージ画像

私の活動の基本軸は 「文化芸術・福祉・教育の三本柱の連携」 です。

課題と共に様々なテーマも生まれますが、この軸は常に胸の中にあります。

※このイラスト「みんな一緒に」は、すべての生命が助け合って生きていける素晴らしさと、そのための自立の大切さなどを描いたものです。

現在・過去・未来を結ぶ絆の街づくり

大変動期を迎えている今、この街に必要なもののひとつとして、現在 ・過去 ・未来をバランスよく捉えられる 「豊かな感覚と心」 があげられると思います。時の流れの中で、変わっていくものも変わらないものも様々ですが、土地の歴史や人々の想いを忘れてはなりません!温故知新のシンプルな心持ちで動く事が、地域本来の魅力を引き出し、この街ならではの素敵な未来づくりに繋がるのではないかと信じております。私自身にとっても、いち区民、いち父親として暮らしているかけがえのない街です。 ひとつずつ真剣に取り組んでまいります。

きっかけづくりを大切に

世田谷区には文化・芸術・歴史・伝統・スポーツ等において、素晴らしい環境や施設、イベントが沢山あります。より豊かな人生を送るきっかけはすぐそこです!近年では特に、吹奏楽・将棋・落語・漫才・能などの普及に向けてお手伝いさせていただいております。身近な場所での感動体験が大切ですね!青少年の健全育成にも繋がりますし、さらには、そこで育まれた夢・浪漫・生きがいなどを、安心して託せる街でなければならないと実感しております。

初志貫徹 1983年の誓い

イメージ画像

30年前。 1983年の誓い。
私の政治活動での最初の訴えです。

これからも、初心を忘れずに。 初志を貫くべく。

原点に立って、地方自治の大切さを訴えてまいります。

← 1983年 (昭和58年) の鈴木昌二後援会 リーフレットより抜粋

地域づくりと歌づくり

趣味のひとつ、歌づくり。特に作詞では、1971年(昭和46年)20歳の時に筆名を連昌次郎と決め、学生時代からのクラスソング等の企画や補作を含めて、現在約100曲程になりました。

二子玉川スポーツ少年団々歌・応援歌・キャンプソング、ボーイスカウト世田谷11団歌などの子ども達の歌。
故郷を想った「二子四季の詩」をはじめ、国内外のご縁のあった街々の歌。ほかにも様々な出会いの歌を作っております。自身のみだけではなく、人々の想いをカタチにすることが、ひとつのコミュニケーションにも繋がり、地域づくり等にも繋がると信じております。